レーズン酵母

わたしのパン教室では直接粉類といっしょに混ぜて使える
インスタントドライイーストを使ったレシピでのレッスンなのですが
最近好まれている天然酵母パンもつくろうと思い、
今年の夏前にレーズンを購入し、つくる気満々でいたのですが
その夏に突然の入院手術となり、そのままにしていました。
手をつけづにいたのはその理由だけではないかも?(^^ゞ

ところが先日のNHK教育TVで”島津睦子先生の天然酵母パン”を見ました。
その日はレーズン酵母おこしをされていました。
そうだ、やっぱりつくろう!と思いさっそくレーズンの袋を見ると
賞味期限ギリギリ・・あぶなく無駄にするところでした。

b0123044_1545773.jpg

さっそく、ガラス瓶を煮沸して
枝付きオイルコーテイング無しのレーズンを枝から外し、
準備OK!


b0123044_1551625.jpg

島津先生は砂糖大さじ1.水150gを溶かしたところに
レーズンを50g入れてられましたが、わたしはその倍量でつくりました。


b0123044_155339.jpg

あとは28℃~30℃くらいを保って
毎日1回は蓋をとって瓶をゆすって空気にふれさせます。
5日ほどでぶくぶく泡がでてきたら完成!
適温で保つのに島津先生は発泡スチロールにカイロを入れてられたので
な~るほど!(^v^)と思いました。湯せんでは長時間は厳しいですもんね。
わたしはこんな感じで温度管理します。

めんどくさがりのわたしがちゃんとお守できるでしょうか?
さてさて、どうなるかな(^-^)
by yama-pan-goo | 2008-11-20 15:19 | 酵母でパンつくり

パンとスイーツ 焼いてます。 <視食>してね